これからはレンタルで済ませよう

>

丁寧に衣料品を扱おう

返却する際の決まりを確認する

自分で、わざわざクリーニングに出さなくても良いという決まりになっている業者が多いです。
楽なので嬉しいですね。
少しの汚れなら、業者が専門的な機械を使って洗ってくれるので、その時に落ちます。
ですが洗っても落ちにシミがついた場合は、借りた人に弁償を命じる可能性があります。
自分がつけたシミでなくても、弁償させられるかもしれないので、服が届いたら汚れていないかチェックしましょう。

もし汚れていたら、すぐ業者に連絡してください。
シミをつけないよう、丁寧に着用することも大事です。
普通に扱っていれば、洗っても落ちないシミができることはありません。
また雑に扱うと、服が壊れます。
借りているものだと認識して、丁寧に扱ってください。

付属品がついているか

小さな付属品は、失くしやすいので特に注意してください。
付属品を失くした場合も、弁償を命じられてしまいます。
最初に、どのような付属品が点セットになっていなのか確認しておきましょう。
バッグや靴の他に、アクセサリーもレンタルできる業者が見られます。
コーディネートのアクセントになるので、たくさんのアクセサリーを借りている人がいるでしょう。

小さなアクセサリーは失くしやすいので、気をつけて管理してください
使い終わったら、いつも同じ場所に保管しておきましょう。
その日によって違う場所で保管していると、どこに置いたのかわからなくなります。
万が一付属品を失くしてしまった際は、正直に連絡してください。
絶対に、隠してはいけません。